カルトッフェル・ゲベック

カテゴリー: 台所雑記

じゃがいものクッキー、カルトッフェル・ゲベック作ってみました
ドイツのお菓子らしいです
20171205-01.jpg
ふかしたじゃがいもと小麦粉、バター、砂糖、レモンの果皮を混ぜて焼いただけというシンプルなクッキー。
焼いている最中はじゃがいもの匂いが充満していましたが、焼きあがってみるとレモンの香りが立ってきます
食べてみると表面はカリっとしていて、中はふかふか。クッキーというより、クッキーとマフィンを足して割ったような感じでしょうか…
素朴な甘さと爽やかなレモンの香りのお菓子で、じゃがいも感は無く、意外と美味しかったです

参考にしたレシピが随分雑だったので、小麦粉は薄力粉を、バターは無縁バターを、砂糖は上白糖を選んでみました
よく考えたら上白糖は主に日本で、海外で砂糖というとグラニュー糖を指す場合が多いそうなのでグラニュー糖の方が正しいのかもしれない。相手が芋だからどっしりした甘さのある方がいいかなーと思って選んだんですけどね…どっちの方がいいんだろうか
レモンの果皮もどう混ぜるのか記述が一切無かったので、白い部分が混じらない程度に表皮を削って使用しています。多分これで合ってる…と思うんですけど、刻み込むとかだったらかなり別物ですよね…

じゃがいもは加熱の仕方で結構甘さが変わるので、今回は蒸し器で蒸しあげて使いました
レンジは早いけど甘くならないんですよね
普通のクッキーより若干手間がかかりますが、じゃがいもを蒸す機会自体はわりとあるので、晩飯作るついでにまた作ろうかなーと思います
レシピが合ってるかどうかは若干不明な部分もありますけど、美味しかったからこれでいいことにする。しちゃう。細かいことは考えない。

ネギ坊主

カテゴリー: 台所雑記

冬野菜の時期も終わって、畑の方は夏野菜へ移行中のようです
じゃがいもは後一ヶ月ちょっとで試し掘りの時期。
相性が悪いらしいアスパラは今年も収穫ありません…好きな野菜なんだけど採れないから高級品イメージ(´・ω・`)

その畑の端で今年もネギ坊主収穫してきました
20170430.jpg
これが付くとネギ自体はガシガシした食感になって使えなくなりますが、これ自体は天ぷらにして食べます
ほんのり苦くておいしい。

なお現在のネギの様子…。
20170430-02.jpg
ほったらかしにしていたら、この暖かさで大半が破裂しちゃってました (ノ∀`)
花咲いても食べられるっていわれたけど、天ぷら粉きれいにつけるの面倒くさそうなので放置。今日収穫した分で十分な量ありますしね~



GW中はちょっと出かける予定になりました
どこも混雑凄そうです…。

苺のタルト

カテゴリー: 台所雑記

親父が買ってきた苺が、甘くもなければ酸っぱくもない、味がしない水臭いシロモノだったので砂糖漬けにしてタルトにしてみました
ちょっと表面が焼けすぎていますが…。
20170324.jpg
生地へ混ぜ込む前に加熱していないせいなのか、苺の味と香りがフィリング全体に広がって見た目以上にイチゴイチゴした味になっています
元々の苺は味しませんでしたが、タルトが焼きあがると家中に苺の甘ったるい香りが広がっていました

今回はレシピどおりに焼いたのですが、タルトはフィリング入れる前に一度空焼きした方が好みかも。
底面が柔らかいほうが食べやすいのですが、個人的にはサクッとしているほうが好きなので…。
砂糖漬け潰して混ぜ込んだフィリングと、カスタード混ぜたフィリングの二層にしたらFF15のお菓子っぽくなる気もする(あれは苺じゃなくてクランベリーあたりのような気がするけど)。

苺は多分また大量に貰うことがありそうなので、そのときはアレンジ試してみたいところですね~

最終リベンジ

カテゴリー: 台所雑記

この冬(もう彼岸も過ぎたので春と言ってもいい気はしますが)4回目にして、ラストの肉まん作りました
20170321.jpg
ひたすら「皮がふんわりしてない」と文句が出続けたので、今度は皮を分厚くしました
これで文句ないでしょう…。
皮にかなり余裕もあるので包みやすく、口が開いてしまうモノも無しです
包みやすい=作業ペースも上がってむしろこの方が楽でした
唯一の欠点は皮の分量が増える=ベーキングパウダーの消費量が激増したことぐらいですかね
ドライイーストなら有り余ってるのに(´・ω・`)

作るようになった結果、この冬は一度も市販の肉まん買わずに終わりました…w

皮を変えて

カテゴリー: 台所雑記

この冬三度目の豚まんです
一度にたくさん蒸し上げられる蒸し器があるって素晴らしい。
20170224.jpg
今回は皮を変えてみました
…と言っても見た目は何ら変わらないのですが。

前回・前々回はドライイーストを使ったもっちりタイプで、今回はベーキングパウダーを使ったふんわりさっくりタイプです
コンビニの肉まんに近いのは後者ですね~
「皮が重たい、もっとふんわりしてるほうがいい」と言われたので変えてみました
今回のふんわりさっくりタイプの方が好評だったのですが、もっとふんわりがご希望らしい…。
次回は皮の分量増やして、もうちょっと厚みを持たせてみようと思います
中身と皮がそれぞれ別のレシピなので、中身詰めるために皮を薄く延ばしすぎてる気がする。

中身は前回と同じです
あと、母お手製の豚の角煮を入れた角煮まんも作ってます
20170224-02.jpg
無理やり詰め込みすぎて、口開いてます (ノ∀`)
次回は皮の生地分量二倍ぐらいでやってみようかなー