FC2ブログ

シャラ南部大陸遠足

カテゴリー: TERA雑記

20日はギルド内イベント「登山遠足」の日でした
前回のアルン大陸に引き続き、今回はシャラ南部の数か所をめぐる遠足です
20130422.jpg
開始はトラリオンからで、シャラ南部をぐるっと一周します
移動スクやエスケープは使用しません。遠足ですからね



トラリオンからスタートして、まずは登山の前の寄り道…のはずが、先導した姫さんが道を間違っていきなり迷走しました (ノ∀`)
20130422-02.jpg
元々場所を知っているDさんは来ているものの、同じく知っているはずのロコさんは姫さんに釣られて迷走組。先頭が迷うと全員で迷子になれる迷子ギルドです
何しろ設立者も迷子ですしね(●´艸`)

最初の見どころはコレ。
20130422-03.jpg
ハートの形に咲いたピンクの花です
黄色が雰囲気ぶち壊していますが…。




他に人がいないとこんな感じ。
20130422-04.jpg
いい雰囲気の場所です
これは一か月ほど前にDさんに教えて貰った場所でして、これが発端で今回の遠足に発展した次第です
見せてもらった後に周辺捜索していたら登山道見つけて…という経緯。
ここ自体は登山でもなんでも無くて、一切ジャンプ使わずに来ることができます

 



その偶然見つけた登山道から、木を登ってトラリオン上空へ
20130422-05.jpg
登るのもかなり簡単なので普通に通過できる場所だと思っていたのですが、意外と落下者が出て若干グタグダw
ただ時間がかかったおかげで、ここで数名の遅刻者も合流できました
さらにギルド外からの招待客一名も合流し、賑やかなことに(●´艸`)

見晴らしは最高です
20130422-06.jpg



木を伝って山肌にたどり着いた後はいつも通りの登山を経て、エセニア領とウェストニア領の境目に到着
20130422-07.jpg
ここへはウェストニア領の妖氷の岬側からも登ることができます
ただ、過程の景色はトラリオン側の方が圧倒的に上です
距離は長くなりますが景色の方が大事なので、遠足にはこちらのルートを使用した次第です
遠目に見えている絶壁のようなものは、位置関係から推測するとパルダーの傷跡だと思われます
山の上からじゃないと見えないのに、ちゃんと設定されているんですよね

ちなみに反対側に視点を向けると、妖氷の岬と死霊IDのある古城の遠景が見えます
20130422-08.jpg





この後はアルレマンシアとエセニア領との間にある空白地帯に立ち寄ってから、アルレマンシアとの境目へ
20130422-09.jpg
続けてここからウェストニア領とアルレマンシア直轄領の境目を移動していきます


目的地はさらに南、ヴィアエレニウム領です
その道中にある、影が飛んで見える場所にも立ち寄りました
20130422-10.jpg
すっぱりと切れた断崖絶壁になっていて、何故かキャラの影だけが投影される仕様

このタイミングでトールがはぐれてしまい、召喚で回収することになりました
この絶壁を飛び降りるとどうやっても戻れないのですが、召喚ついでに…と飛び降り推奨した結果、召喚も届かないことが判明しました(´д`;)
目の前に見えていても召喚できません
どうやら領外の様子。

そういえば、以前来た時はたき火を崖上に置いてキャンプリターン試したら古城に飛んだんですよね
キャンプリターンのスキル説明に領云々の記載はありませんが、召喚同様に領をまたがない仕様だったとしてもおかしくはありません

結局、落ちた人にはエスケープでアカルムに移動してもらい、そこから徒歩で登山ルートに戻ってもらってから召喚で合流…となりました
下調べ不足でしたね。申し訳ない(´・ω・`)




合流後は比較的なだらかな場所を走り続けて南の方へ

最後、ヴィアエレニウム領との境目近くが難所です
登るのではなく、「うまく落ちる」のが重要なのですが割とシビアな感じ。
20130422-11.jpg
難しくて若干諦め気味の人も出る中、延々と挑戦する人もいれば、先に成功してドヤ顔の人もw
登山遠足はこういうのも楽しみの一つですね~
ただあまり時間はかけられないので、5分経過したところで召喚して切り上げとなりました




ヴィアエレニウム領。
遠足時のSS撮り忘れていました(´・ω・`)
20130422-12.jpg
仕方ないので後日単身撮影しに行ってきました
ここ自体はあまり歩き回れず、見晴らしが良い以外は特に何もありません
骨?らしきものの上に乗ったりはできるんですけどね


あとはニューエレノンまで徒歩で移動し、ペガサス利用で次の目的地へ向かいます
移動中に寝そうな人も若干名…
20130422-13.jpg
ここでギルド外から参加してくださった方が時間切れとなり、離脱されました
途中でグダったのが痛かったですね…すみませんでした(´・ω・`)










次の目的地はパンノニア領、開拓民の村です
20130422-14.jpg
エセニア上空の木が乗れるのと同様に、ここの上空にある平台も歩き回れます
しかも割と広かったり。
蛮斧渓谷西側の山とつながっているので、そこから尾根伝いに北上していきます
このあたりも遠足中にSS撮り忘れていましたね(´・ω・`)

遠目にヴェリタス特別地区が見えてきます
実はロックの槍が刺さっている場所のすぐ裏側が、蛮斧渓谷なんですね
20130422-15.jpg
横から見ると本当にすぐ裏側に通常の道が見えたりします



この後は難所で多数の落下者を出しながらのグダグタ進行になりました
今回、何気に召喚可能なのが姫さんと自分だけだったんですよね…
両方落下すると詰む状態です
召喚とキャンプリターンとを乱用して、どうにかアジス研究所近くにある滝の上に到着しました
20130422-16.jpg
ただ、途中で領をまたいだため、一部メンバーは合流できず(´・ω・`)
ちなみに自力到達者はわずか4名でした (ノ∀`)
難易度高すぎたようです…


滝の横から。
20130422-17.jpg
個人的にはここが一番好きです(●´艸`)


この後は落下してアジス研究所へ移動し、そこからペガサスで次の目的地へと移動しました












ラストはトリアから少し北へ移動し、緩やかな坂道から登って尾根伝いに移動して最終目的地へ
ここが今回の遠足ルートの中で一番短くて簡単なのですが、景色は最高なので〆に選ばれました






それが、このアルレマンシアの夜景です
20130422-18.jpg
以前のブログ記事にも一度掲載していますし、公式の画像掲示板の投稿でも見たことがあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか

遠足にするには道が5分もかからない程度と短すぎて使われなかった場所でしたが、前回からの「細々した場所複数を回る」という形式の遠足にしたことで使うことができました
さくオケメンバーで、ここ来たことある人は少なかったようです

視点を180度回して見上げると、天の川を見上げるようなアングルで撮れます
20130422-19.jpg


今回の遠足は、そのルートのがアルレマンシア直轄領と他領との境目付近を移動する場所が多かった関係で、様々な角度からアルレマンシアを見ることができました
今回は寄らなかったのですが、エセニア領との境目からは夕焼けのアルレマンシアも実は見られます
が、個人的にはこの夜景が一番好きですね(*´ー`)
実はツイッターの背景画像にもしています




今回のシャラ南部大陸はここまで。
途中グダったこともあって、結局2時間半の行程となりました
共同主催の姫さん、参加の皆、お疲れ様でした(*´ー`)

















遠足の後には「おまけ」が実施されました
先日の記事で少し書いていた時空のはざまです
パルダーの傷跡らしき場所に飛び込むと、色々なことがおかしくなります
事前に危険性を説明の上で、希望者のみで行ってきました…が、内容は割愛でw
かなりグダったのは言うまでもありません…


ここへの行き方は記載しませんが、行かれる方は覚悟の上自己責任でどうぞ。
注意点としては帰還方法が種族スキルしかないことと、使える場所が限られること、落ちたら絶対にジャンプしないこと。
特にラストのジャンプは本気で帰れなくなります
おそらくGMコールで戻してもらうしかなくなるので、単身行かれる場合は特に注意です
個人的には全くお勧めしないです。面白いのは面白いんですけどね~
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/1469-81fb12e3