発酵バターの合うクッキー

カテゴリー: 台所雑記

発酵バターは通常の無塩バターと比べて酸味のある香りと、焼き上ったお菓子の口当たりの軽さが特徴です
全面的に発酵バターが優れているという訳ではなくて、作るお菓子に応じて使い分けています
自分の場合は主にパウンドケーキ用で、プレーンやオレンジピール、抹茶などの時に使用しています
ドライフルーツを入れる時はどっしり重たい目の方が合う気がするので、そちらの場合は通常の無塩バターですけどね
以前に一度クッキーも発酵バターで焼いてみたのですが、軽くなりすぎて何か物足りない結果になってしまいました
それ以来、発酵バターでクッキーは焼いていなかったのですが…

先週、久しぶりに発酵バター使って抹茶パウンドを焼いたのですが、その際にクリームチーズのクッキーなら発酵バターと相性いいんじゃないかと、ふと思ったのです
ということで試してみました
20140606.jpg
見た目はほぼ同じですが、片方はこれまでと同じで普通の無塩バターを使ったもの、もう片方は無塩バターを発酵バターに変更して焼いたものです
後で混じると判別できなくなるので、一応無塩バターの方にだけポピーシードが入っています
写真では区別つきませんけどね

バター100gに対してクリームチーズが60g入った生地なので、全量がバターのものと比べるとバター変更の影響はちょっと薄い気はします
通常の無塩バター使用の方と比べて、やや口当たりが軽く、酸味が少し強く出ますね
母親は通常の無塩バターを使用したものの方が好みで、妹は発酵バター使用の方が好みのようです
これはどちらが良いとかじゃなくて完全に好みですね~
自分は発酵バター使用した方が、このクッキーの特徴であるさわやかな酸味が少し強くなるので好きですね
カルピスバターでも試してみたいかも。

そもそもこのクッキーの酸味ってクリームチーズとレモンによるものなんですよね
母は果物全般の酸味が苦手でして、特に柑橘系は香りもダメなぐらい苦手というのもあります
発酵バターの方だとその酸味がきつく感じすぎるみたいでしたね

最近ちょっとこのクッキー焼く機会が増えて、最初の頃より成形が上手くなってきた気がします(●´艸`)
勿論、購入した絞り出し袋と口金のおかげでもあるのですが。
人に贈るならやっぱし多少は見た目も良い方がいいですしね



じわじわ気温が上がってきて、若干生地が扱いづらくなってきました
今回も、最後の方になると気温と手の温度でバターの脂分が溶けて浮いてしまっていたり(´д`;)
湿度が上がると湿気に弱いラングドシャなどは焼き辛く、保管もしにくくなってきます
食べる方も焼き菓子はのどに詰まり気味に・・・

本格的に夏が来るまでに、色々と作っておきたいところですね
クッキー生地は冷凍で約一ヶ月は保管できますし、今年はちょっと7月上旬ぐらい目安に冷凍クッキー生地も作っておこうかなぁ
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/1880-31238623