100%じゃがいももち

カテゴリー: 台所雑記

じゃがいも収穫されたらやろうと思っていたのですが色々延期して結局今頃になってしまいました
去年は結局一度も作らなかったので、2年ぶりかな?

最初に挑戦したのは5年前です
当時ケイエス食品から発売されていた冷凍食品のじゃがいももちが美味しくて、自作できないかとアレコレやってみていたんですよね
片栗粉混ぜるのが一般的みたいなのですが、冷凍食品のそのもっちり感は全然無くて、最終的に白玉粉混ぜていました
今回はその片栗粉すら使わない方法を試してみました



じゃがいもは皮を剥いて、アク抜きはせずにそのまますりおろします
大量の水分が出るので、これをシノワでしっかりと(絞るぐらいのつもりで)水気を切ります。シノワが無い場合は目の細かいザルか、布巾で代用するといいと思います
20140620.jpg
後で量ってみたのですが、すりおろす前と比べてすりおろした後は半分程度の重さになっていました
凄い水分量です

この水分の入ったボウルを傾けてみると、底に沈殿物があります
20140620-02.jpg
じゃがいものデンプン、つまり片栗粉ですね
上澄みの水分だけ捨てて、この沈殿物と先ほどの水気を切ったすりおろしじゃがいもを混ぜます

後は適当に丸めて、たっぷりバターと少量のオリーブオイルを入れたフライパンでこんがり焼くだけ。
20140620-03.jpg
焼けたら表面に軽く塩を振って完成です
丸める段階では全然まとまりなくて、べちゃべちゃのお好み焼き粉みたいな状態なのですが、火が通ってくると不思議なことに固まってきます
じゃがいもしか入ってないのですが、片栗粉混ぜたものより断然もちもちしているという不思議なことになりました
冷めると硬くなりますが、レンジで温め直すともちもちが復活します


加熱前の生地がまとまりなくてべちゃべちゃなのですが、一応中に具を包むというのは可能です
チーズ&ベーコンやりました(*´∀`)
20140620-04.jpg
実は前日にも挑戦したのですが、その時は生地に塩を少し混ぜたのです
ところがこの塩が思った以上に効きすぎてしまって、辛くて食べられない代物になってしまいました(´д`;)
それもあって混ぜ物無しにした次第です



使用しているじゃがいもはキタアカリです
自分が住んでいる地域で一般的に売られているのはメークインか男爵で、それ以外は滅多に見かけません
芽がピンク色なのが見た目の特徴で、皮を剥くと物凄く黄色くて煮たり蒸したりするとホクホクして美味しい芋です(●´艸`)
昔はメークインや男爵も栽培していたのですが、ここ数年はすっかりキタアカリのみにしてしまったようです
今年は豊作だったそうで、サイズの大きなものがゴロゴロ収穫されていました

じゃがいもは冷凍できないのですが、マッシュポテトなどのように潰すと冷凍ができます。調理過程で水分が飛ぶフライドポテトも冷凍できますし、要は水分で食感が変わってしまうので冷凍できない類です
じゃがいももちならすりおろして水気を切っていますし、冷凍できそうな気がしますね~
最終的に芽が出て根が潜って色々酷いことになるので、いももちが冷凍できるなら少し自家製冷凍食品にしておくのも良さそう。
何分、量が凄いですしね…
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/1894-cab9e653