卵白のケーキ「グルノーブル」

カテゴリー: 台所雑記

卵白のみを使ったお菓子で最初に作っていたのはエンゼルフードケーキでした
白くてふわふわしたケーキなのですが、味気なくてホイップクリームの助けなしには食べられません
卵白の消費はできるものの、正直好みではなく家族の評判も良くないお菓子だったので、その内に卵白消費方法はラングドシャにとって代わられました
今はマシュマロやチュイール、フィナンシェといった選択肢もあるので、エンゼルフードケーキを作ることはありません

今回作った卵白のケーキは、「パティシエと作るケーキ&デザート」37号掲載のレシピ「グルノーブル」です
20140707.jpg
材料は卵白と無塩バター、グラニュー糖、くるみ、粉砂糖のみという実にシンプルなケーキ。
本来は16cmのマンケ型を使用するのですが、持っていないので18cmの丸型で焼いています

表面にたっぷりと振られた粉砂糖が、低温で長時間焼くことによってキャラメリゼされた状態になるそうで、表面はパリっと硬く中はしっとりという食感になっています
20140707-02.jpg
普段ケーキ類を焼くとき、電子レンジのオーブン機能のせいなのか、とにかく非常に焦げやすいので途中からアルミホイルでカバーして焼いています(特にシフォンは僅か5分で表面が焦げはじめます…)
が、このケーキはその性質上蓋をしてしまうと肝心の食感が失われてしまいます
天板をセットせずに普段より高さが低くなるようにして、さらに型も大き目のものを使って生地自体の高さが出ないようにしたおかげか、幸いアルミホイルなしでも焦げずにちゃんと焼きあがってくれました
ここが一番心配だったんですよね~

ちょっと焼く前に振った粉砂糖が多すぎたみたいで、かなり甘くなってしまいましたが、くるみがアクセントになっていて美味しいケーキでした(*´ー`)
パリッとした食感も美味しいのですが、綺麗に食べるのはやや難しいかも。
あと、日持ちはしなくて賞味期限は当日中です
ラップは厳禁なので保管がちょっと難しいですね~

かなり甘めだったので、次回は少し粉砂糖の量は減らそうと思います
レシピには「適量」「たっぷり振って」としか書いてなかったんですよね…w
側面は層が薄めだったのは丸型なのが原因かも。
レシピに掲載されているマンケ型は側面が上部に向かって広がってるタイプのものだったんですよね
クオカでもマンケ型自体の取り扱いはあるのですが、形とサイズの合致するものは無いようです
薄めだっただけでパリッとした食感はありましたし、ここは妥協かなー
もうちょっと高さがあっても大丈夫そうな感じだったので、16cmのマンケ型か丸型の購入は検討しようと思います
ガトーショコラなんかにも使えますしね


今回は普通の卵の卵白を使用しています
次は日本一卵の卵白でこのお菓子作りたいのですが、「同じお菓子が続くのは嫌」と言われたので間に何かほかのお菓子作って誤魔化さないとダメなようです…
何作ろうかなぁ
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/1911-b83c88c6