カップアイスならぬ

カテゴリー: 台所雑記

先日に引き続きパルフェを、今度は小さな蓋付きのカップに作りました
20140823.jpg
相変わらず非常に溶けやすいですが、これなら切り分ける必要も無いですし管理もしやすくて便利です
口当たりが滑らかだから余計溶けやすいのかな?
アイスとソフトクリームの中間ぐらいな感じです

今回、日本一卵の卵黄を使ったのですが、生クリームがちゃんとした混ぜ物のない方が手に入らなくて、フレッシュを使用しています
紛らわしいパッケージで母が間違えて買ったもので、値段はやや高く、脂肪分だけ見ると40%と前回使用したものより高いものです。が、やっぱし味は負けます・・・
フレッシュの方が賞味期限もかなり長くて固まりにくいので、拘らない時はそれで十分なんですけどね~
今回は卵黄の味が主張しすぎて、プリンのような味になってしまいました
別に不味いわけではないのですが、なんか違う…。
卵黄の味はこんなに出てなくていいです(´・ω・`)
パルフェは良い生クリーム使った方が絶対いいと思いました。美味しく食べたいならケチってはダメですねー




本日は年に一度の町内会の盆踊りがあります
自分は一切踊らないのですが、買い食い目的で必ず行きます(*´∀`)
一番の楽しみは町内にある障害者通所施設の人たちが製造・販売しているクッキーです
クッキーは頻繁に焼きますし、普段買うことは滅多にないのですが、この施設のクッキーだけは別。
ちょっと値段は高めなのですが、とても美味しくて昔から大好きなのです
購入できる機会が大体年に2回しかないので、毎回必ず大量に購入します
さらにこの施設の出店で売られているお好み焼きも美味しくて大好き(●´艸`)
今日も買い食いしつつ、クッキーいっぱい買うつもりです(´▽`*)

 




以下料理メモ。

・鶏肉のトマト煮
20140823-02.jpg
鶏肉は塩・胡椒で下味をつけて、小麦粉を軽くまぶす。
オリーブオイルで鶏肉の表面に焼き色が付くまで焼いたら、白ワインを入れて少しアルコールを飛ばし、別途作っておいたポモドーロ(オリーブオイル・ニンニク・玉ねぎ・フレッシュトマト・ローリエ)を入れて煮込む、だけ。
ポモドーロ自体は玉ねぎを弱火でしっかり炒めた後に下処理したトマトを入れて、あまり煮詰めずに酸味と水分を残したものにしています
煮詰めて甘く濃厚にしたポモドーロは美味しいですけど、このメニューに使うなら適度に酸味と水分が残ってる方が良さそうですね
生トマトでポモドーロ作るところから始めたのでちょっと時間かかりましたけど、ホールトマト缶を使うなら手軽で簡単そうです
ソースも美味しくて勿体ないので、次回はショートパスタを付け合せに欲しいところ。
近所で売ってる中ではペンネかファルファーレあたり?



・ナスのトマトグラタン
20140823-03.jpg
たっぷりめのオリーブオイルで薄切りベーコンを炒めて、そこに半月に切ったナスを投下、しっかり油を吸わせて火が通ったらポモドーロ(オリーブオイル・ニンニク・フレッシュトマト・ローリエ)を入れて炒め合わせる
ポモドーロ自体は先日作って冷凍してあったもので、煮詰めて濃厚にした甘いもの。
グラタン皿にオリーブオイルを塗って炒め合わせた具を入れ、上にピザ用チーズ乗せて焼いただけの横着メニューです
ミートソースで作るものと比べるとかなりあっさりしています
これは対妹用メニューでもあります
妹はトマトもナスも苦手で嫌いなのですが、トマトは加熱処理済みなら食べますし、ナスも曰く「ナスの味がしないものなら平気」です
どうやらトマトは種や酸味が苦手みたい?
嫌いな野菜の組み合わせメニューなのですが、これは普通に食べます
調理方法って大事。

ちなみに自分も、ナスは焼きナスだけは食べられません…
あの味とか食感とかが全部ダメ(´д`;)
天ぷらとかフライ、マーボーナスとか甘辛煮とか他の調理方法なら食べますし、むしろ好きなんですけどね
コンポートは怖くて試したことも無いです (ノ∀`)



両方のメニュー最大の欠点は、白ご飯に合わない事ですね…
我が家はパンや麺類は絶対に晩飯にしないルールなので、ご飯に合わないのは割と困ります(´・ω・`)
トマト自体がどうやってもご飯に合わない気がしなくもないです
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/1958-bf9ad503