湯煎カルボナーラ

カテゴリー: 台所雑記

先日大阪に行った際、ペコリーノ・ロマーノが手に入りました
さらに親父がまた日本一卵を買い足しています
チーズと卵の良い物がある、これは是非カルボナーラをせねば。

という事で、本日お昼は久しぶりのカルボナーラにしました
生クリームを使うと重たすぎて不評なので使いません。ローマ風とかいうやつですね
カルボナーラで難しいのは卵の過熱です
フライパンの底を手で触れるぐらいになったら卵液を入れるそうなのですが、そんな難しいことはできません…
いつもボウルに用意した卵液の方へ加熱した具材とパスタを入れて、予熱任せにしていました
これなら火が通りすぎる心配だけはありません
ただ、加熱も弱いのでちょっとべっちゃりはします…

ふと、その卵液を湯煎で加熱すればいいんじゃないかと思ったのです
パルフェを作る際に卵はしっかり加熱するのですが、湯煎で混ぜながら加熱するのでダマになったりはせずトロトロの状態で火が通ります
カルボナーラの卵液も同じ方法なら、簡単になめらかな状態で加熱できるんじゃないかなーと。

ということで、室温で放置して常温に戻した卵に、ペコリーノを削り黒胡椒も入れてから湯煎で混ぜながら加熱してみました
少しとろっとしたところで加熱はやめて、そこに茹で上がったパスタと熱いままの具材を入れてその予熱で更にもうちょっと加熱。
全くダマも無くとろりとした、いい感じの火の通りになりました(´▽`*)
20140829.jpg
ちょっと黒胡椒が足りなかったので後から追加しました
具材はベーコンと舞茸です
湯煎はちょっと時間がかかりますけど、これはいい手かも(●´艸`)
ペコリーノはもう一回カルボナーラができる程度に残っているので、卵がある間にもう一度作りたいですね~

ただ、母はどうやらペコリーノの香りは好みではないようです
このチーズ、原料が牛乳じゃなくて羊の乳だそうで、その独特の香りがどうも好きではないみたいです
パルミジャーノの方がいいと言われてしまいました(´・ω・`)
自分はこのちょっと乳臭い感じは割と好きかも。匂いはそんなにきつくないと思います
また大阪行ったときは買おうかなーと思います



麺繋がりで、温泉卵作って釜たまうどんもいいなー(´▽`*)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/1964-e7d74ba6