2代目さび猫

カテゴリー: 余白雑記

いつの間にか一週間が過ぎていて、もう5月も終わりです

去年の今頃に、当時飼っていた猫が網膜はく離で失明しました
20160531.jpg
14歳と高齢だったことに加えて元々活発な子ではなかったので、行動の変化に家族の誰も気付かなかったのです
明るい場所でも瞳孔が開きっぱなしの状態になっていることに母が気付いたものの、そのときには手遅れでした
人間より他の感覚が優れているおかげなのか、盲目でもエサやトイレで困ることはなくてそのまま数ヶ月は元気だったのですが。

秋ごろに肝機能の悪化が原因で亡くなりました
まだ目も開かないうちに捨てられていた野良のさび猫で、妹が友人たちとそれぞれに「里親探す」と言って連れ帰った子猫でした
結局他の兄弟は2~3日で死んでしまって、この子だけが生き延びました
さび猫で、目は水晶体が若干飛び出して見えるぐらいのまん丸、挙句にガラガラ声となかなか酷い見た目なのもあって付いた名前は「ぼろ」 (ノ∀`)
この柄って中々面白くて足の先までまだらなのですが、肉球もピンクと黒が混じっていたりします
尻尾がすらりと長いことが唯一の美点でしたね~





ぼろが死んだ後、何度かまた猫を飼う話にはなっていたのですが、いざペットショップで買おうということになると品種でモメるモメる…w
長毛か短毛かですら意見の一致が見られず、結局そのままになっていたのですが、先日親父の知り合いから子猫を貰う話が決まりました
で、先週我が家にやってきた新しい猫がこの子です
20160531-02.jpg
何の因果かまたさび猫でした(*´∀`)
ぼろは健康状態もよくなくて元気もなかったのですが、こちらは親猫が死んだ後を親父の知り合いの人が丁寧に世話していたらしくて、健康状態には問題がなくとても元気。
同じなのはさび柄だけで、他は全く似ていません
鳴き声も普通に可愛い…というか、可愛い鳴き声を聞いて、「そういえば猫ってにゃーと鳴くんだった」ということを思い出しました
ぼろの鳴き声って「ぎゃー」か「あ゛ー」て感じだったので…w

ぼろはおもちゃで遊ばない猫だったのですが、新しい子はよく遊ぶみたいなので猫の相手してる時間が増えそうです(家族全体で)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/2411-82fe65bd