FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

カルトッフェル・ゲベック

カテゴリー: 台所雑記

じゃがいものクッキー、カルトッフェル・ゲベック作ってみました
ドイツのお菓子らしいです
20171205-01.jpg
ふかしたじゃがいもと小麦粉、バター、砂糖、レモンの果皮を混ぜて焼いただけというシンプルなクッキー。
焼いている最中はじゃがいもの匂いが充満していましたが、焼きあがってみるとレモンの香りが立ってきます
食べてみると表面はカリっとしていて、中はふかふか。クッキーというより、クッキーとマフィンを足して割ったような感じでしょうか…
素朴な甘さと爽やかなレモンの香りのお菓子で、じゃがいも感は無く、意外と美味しかったです

参考にしたレシピが随分雑だったので、小麦粉は薄力粉を、バターは無縁バターを、砂糖は上白糖を選んでみました
よく考えたら上白糖は主に日本で、海外で砂糖というとグラニュー糖を指す場合が多いそうなのでグラニュー糖の方が正しいのかもしれない。相手が芋だからどっしりした甘さのある方がいいかなーと思って選んだんですけどね…どっちの方がいいんだろうか
レモンの果皮もどう混ぜるのか記述が一切無かったので、白い部分が混じらない程度に表皮を削って使用しています。多分これで合ってる…と思うんですけど、刻み込むとかだったらかなり別物ですよね…

じゃがいもは加熱の仕方で結構甘さが変わるので、今回は蒸し器で蒸しあげて使いました
レンジは早いけど甘くならないんですよね
普通のクッキーより若干手間がかかりますが、じゃがいもを蒸す機会自体はわりとあるので、晩飯作るついでにまた作ろうかなーと思います
レシピが合ってるかどうかは若干不明な部分もありますけど、美味しかったからこれでいいことにする。しちゃう。細かいことは考えない。
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amanosuzaku.blog59.fc2.com/tb.php/2541-5cd5f682
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。